自己破産でクレジットカードを使えるようになるのは何年後?体験談と解決策




自己破産をするとクレジットカードを使えなくなってしまうというようなことがありますね。

そんな中、自己破産でクレジットカードを使えるようになるのは何年後となるのでしょうか。

自己破産でクレジットカードを使えるようになるのは何年くらい経ってからとなるの、体験談と解決策をお送りします。

 

自己破産後何年くらいでクレジットカード作れる?の体験談1

質問

自己破産後、何年くらいでクレジットカードは作れますか?
現在は普通の会社勤めです。一定収入あります。

回答

「○年で作れる」というのは決まっていません。

クレジットカードに関わる個人信用情報会社はCIC(割賦販売法・貸金業法の指定会社)とJICC(貸金業法の指定会社)ですが、CICには官報情報載りません。

JICCも5年で記載がなくなりますよ。

官報情報をデータベース化している会社もありますし、「○年で自己破産のデータが消える」とは言えないです。

クレジットカードを作るためのカード会社が判断できる信用があるかどうかが必要です。

自己破産でそれまで持っていただろうクレジットカードの契約は終了しています。これも5年経つと記載がなくなりますね。

個人信用情報がないというのは「事故明け」を想定されるし、自己破産前の割賦販売の支払状況がいいとは言えないでしょうから、記載が残っていてもやはり厳しいです。

個人的には記載がなくなってから個別割賦販売(いわゆるショッピングローン)をいくつか組んでいます。

毎月の支払い状況の実績を積んでからじゃないかと思います。

結局のところカード発行会社が「安定した支払い能力がある」と判断しなきゃ作れないですね。

自己破産でクレジットカード何年で使える?の体験談2

質問

自己破産すると何年クレジットカード使えませんか?また、融資は何年受けられませんか?

回答

CIC5年、全銀で10年 自己破産情報が信用情報機関に登録されます。

その間 原則的にクレジットカードの作成ができません。借入も困難となります。

但し小売り系クレジットカードやアメックスなどは信用記録情報を確認したうえで、申請時点で信用が回復できていると判断すればクレジットカードを発行します。

少額融資も可能です。

自己破産後何年経過でクレジットカード作れる?の体験談3

質問

自己破産後に何年経過したらクレジットカードが作れますか?

回答

銀行が加盟する信用情報機関に官報の記録が10年間残りますね。
ところが10年経たなくてもクレジットカードが発行されている方も居るのが現実的です。

現在の収入や勤続先、勤続年数、雇用形態によってクレジットカード会社が総合的に判断しますよ。

クレジットカードを自己破産してしまうと何年も使えなくなってしまいますね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です