自己破産したら楽天カードは使えない?3名の体験談と解決策




自己破産をしたら楽天カードは使えなくなってしまうのでしょうか。

楽天カードはポイントが溜まるなど便利で使いたいというようなときがありますよね。

楽天カードが使えなくなるのでは?と言う不安を解消するために、体験談と解決策をお送りします。

 

5年前の自己破産があるのに楽天カード作れた体験談1

質問

5年前に自己破産したのですが、楽天カードつくることができました。

イオンカードも作れました。

回答

楽天クレカはCICだから破産から5年で消えます。

会社に利益があるなら成約することもあります。

自己破産して12年なのに楽天カードが作れない体験談2

質問

自己破産してから12年たちますが、未だにクレジットカードが作れないのです。

今回、審査の甘い楽天カードを申し込みをしました。ところがやはり審査落ちでした。通常化5~7年でブラックリストから外れますよね。

回答

10年超えたら自動的に借入可能とか信用が回復する事はありません。

10年ちょうどで自動的に破産の情報は個人信用情報から削除されますが、
過去に取引あった会社から、借入中返済中等の記録が残っていた。

10年超えても、迷惑をかけて会社には記録が残り、生涯取引は不可能だった。

楽天カードも銀行のカードローンやクレカも必ず保証会社が審査しています。

意外とその保証会社は吸収合併が多く、その場合に顧客情報も引き継がれます。

破産時に数多くの会社に迷惑をかけた人ほどクレカを作るのが難しくなります。

対処法としては、まずは銀行協会、CIC、JICCで信用情報を開示です。
その上で、不利な情報元に連絡すれば簡単に削除されます。

綺麗にした後で、迷惑をかけてない審査会社が保証しているカード会社に申請すると、あっさり作れますよ。

4年前に自己破産したのに楽天カードが作れた体験談3

質問

4年前に自己破産をしたのに、楽天カードが作れました。なぜでしょう。

回答

破産者にカードを発行しちゃいけないなんて法律はありませんよ。

誰もが無理と言っているだけの話しで、審査は申し込んでみないとわからないのです。

ただし、金融事故を起こしている人にカード発行する会社は少数派ということは間違いないですね。

自己破産で楽天カードを作ることはできないことが多いですね。